D-STAR アクセスポイント​


 

 

​D-STAR アクセスポイントとは、アクセスポイント局を経由して、遠方の局とゲートウェイ交信が出来るシステムです。
※ID-31 当局のAPを例に​設定方法を記載致します。​
①「memu」ボタンを押し、「DVメモリー」を選択し、決定ボタンを押します。(選択はダイヤルを回し、決定は真ん中の青いボタンを押します)

②「レピーターリスト」で「11.シンプレックス」を選択し、決定ボタンを押します。

③右下の「QUICK」ボタンを短く押し、「追加」を選択し、決定ボタンを押します。
④「ネーム」には、DVモードで表示するためのわかりやすい名前を付けます。(JR4ZKM AP)など

⑤「サブネーム」にも、わかりやすく「アクセスポイント」などの名前を付けておきます。

⑥「コールサイン」には、「ゲートウェイコールサイン」を設定します。
  ⇒「JR4ZKM A」 ※識別符号まで入力してください。

⑦「GWコールサイン」は、⑥で設定したコールサインの8文字目が自動的に「G」になりますので、そのままでいけます

⑧「グループ」はそのままで構いません。

⑨「FROM TO USE」は、初期状態で「NO」になっており、「YES」に変更します。

⑩「周波数」は、アクセスポイントの周波数に合わせます。
  ⇒430.900MHz

⑪「DUP」は「DUP-」に変更します。

⑫「オフセット周波数」は必ず「0.000」に変更します。

⑬「追加書き込み」を選択し、決定ボタンを押します。

⑭「DR」ボタンを押してDRモードにすると、「FROM」のレピーターの「11.シンプレックス」に、設定したアクセスポイントが表示されます。

⑮通常のレピーター時とは異なり、アクセスポイント局のDRモードでは「山かけCQ」は使用できません
「相手局レピーター」または「個人局」を必ず指定して使用します。
  • w-facebook
  • Twitter Clean
  • White Google+ Icon

Copyright© 2018 JR4ZKM/JH4SPU/JM4QPB All Rights Reserved.

​山陰 鳥取県 WiRES-X D-STAR

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now